重要無形民俗文化財「京の六斎念仏」千本六斎会令和元年の活動(R01ー2ページ)

会員募集のページへ

 ホーム

 公開日程

 演目紹介

 行事・活動

 関連資料

 リンク

 お問合わせ

♥令和 元

 平成30

 平成29

 平成28

 平成27

 平成26

 平成25

 平成24

 平成23

 平成22

 平成21

 平成20

 平成19年

 平成18

 平成17

 平成16

ここから本文左メニューです

行事・活動ページ
令和元年の主な活動

 
 

 

 令和元年
 8月11〜13日
  勧善廻り

 

 

令和元年
 8月14日(水)
  千本ゑんま堂奉納

  一般公開

 
 

令和元年
 11月0日()
 空也堂にて「開山忌」六斎念仏奉納予定

 
     
     
     

一般公開について

 千本六斎会では、毎年 8月 盂蘭盆行事として千本ゑんま堂で 六斎念仏の「一山打ち」を公開奉納しています。
 平成23年以降は
8月14日に 夕刻から奉納しております。

千本ゑんま堂の

地図 (拡大)
ゑんま堂ー地図

ここで左サイトエリア端です 左サイト仕切りです ここから本文です

  令和元年8月14日の「千本ゑんま堂公開奉納」には 台風が接近中の予報にもかかわらず ご観覧に多数お越しくださいました。 空模様を気にしたあわただしい進行となり ゆとりのない演技にも ご観覧の皆様からは温かいご声援をいただき 厚く御礼申し上げます。
 お蔭様で終演時には雨も止み 一山打ち(予定全演目)を披露することができました。

 下記の写真は 令和元年8月14日の「千本ゑんま堂公開奉納」の様子です。
 天候の関係で背景幕がなく、菩薩さま・小野篁さまが見守られる舞台での演技になりました。

R01ゑんま堂奉納ー奉納開始挨拶 R01ゑんま堂奉納ー奉納開始挨拶
R01ゑんま堂奉納ー奉納開始挨拶 R01ゑんま堂奉納ー奉納開始挨拶
R01ゑんま堂奉納ー発願念仏 R01ゑんま堂奉納ー発願念仏
R01ゑんま堂奉納ー発願念仏 R01ゑんま堂奉納ー発願念仏
R01ゑんま堂奉納ー豆太鼓-01 R01ゑんま堂奉納ー豆太鼓-01
R01ゑんま堂奉納ー豆太鼓-01 R01ゑんま堂奉納ー豆太鼓-01
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-01 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-01
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-01 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-01
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-02 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-02
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-02 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-02

開演挨拶

発願念仏

豆太鼓

四つ太鼓-一の繰り

     
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-03 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-03
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-03 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-03
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-04 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-04
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-04 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-04
R01ゑんま堂奉納ー八つ太鼓-01 R01ゑんま堂奉納ー八つ太鼓-01
R01ゑんま堂奉納ー八つ太鼓-01 R01ゑんま堂奉納ー八つ太鼓-01
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-二の繰り01 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-二の繰り01
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-二の繰り01"" R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-二の繰り01
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-11 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-11
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-11 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-11
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-12 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-12
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-12 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-12

四つ太鼓-一の繰り

八つ太鼓-01

四つ太鼓-二の繰り

四つ太鼓-三の繰り

R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-13 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-13
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-13 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-13
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-14 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-14
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-14 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-14
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-15 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-15
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-15 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-15
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-16 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-16
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-16 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-16
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-17 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-17
R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-17 R01ゑんま堂奉納ー四つ太鼓-17

四つ太鼓-三の繰り

R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-01 R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-01
R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-01 R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-01
R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-すずめ踊り R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-すずめ踊り
R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-すずめ踊り R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-すずめ踊り
R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-締め太鼓 R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-締め太鼓
R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-締め太鼓 R01ゑんま堂奉納ー祇園囃子-締め太鼓
R01ゑんま堂奉納ー豆太鼓-山姥 R01ゑんま堂奉納ー豆太鼓-山姥
R01ゑんま堂奉納ー豆太鼓-山姥 R01ゑんま堂奉納ー豆太鼓-山姥

祇園囃子

祇園囃子-すずめ踊り

祇園囃子-締め太鼓

豆太鼓-山姥

今年、
80年
ぶりに
八島を
復曲し
ました

R01ゑんま堂奉納ー掛け合い太鼓打ちー八島 R01ゑんま堂奉納ー掛け合い太鼓打ちー八島
R01ゑんま堂奉納ー掛け合い太鼓打ちー八島 R01ゑんま堂奉納ー掛け合い太鼓打ちー八島
R01ゑんま堂奉納ー太鼓踊りー堀川猿回し R01ゑんま堂奉納ー太鼓踊りー堀川猿回し
R01ゑんま堂奉納ー太鼓踊りー堀川猿回し R01ゑんま堂奉納ー太鼓踊りー堀川猿回し
R01ゑんま堂奉納ー引き抜き手踊りーさらし R01ゑんま堂奉納ー引き抜き手踊りーさらし
R01ゑんま堂奉納ー引き抜き手踊りーさらし R01ゑんま堂奉納ー引き抜き手踊りーさらし
R01ゑんま堂奉納ー手踊りー願人坊 R01ゑんま堂奉納ー手踊りー願人坊
R01ゑんま堂奉納ー手踊りー願人坊 R01ゑんま堂奉納ー手踊りー願人坊

掛け合い太鼓打ちー八島

太鼓踊りー堀川猿回し

引き抜き手踊りーさらし

手踊りー願人坊

R01ゑんま堂奉納ー獅子太鼓-01 R01ゑんま堂奉納ー獅子太鼓-01
R01ゑんま堂奉納ー獅子太鼓-01 R01ゑんま堂奉納ー獅子太鼓-01
R01ゑんま堂奉納ー獅子舞-01 R01ゑんま堂奉納ー獅子舞-01
R01ゑんま堂奉納ー獅子舞-01 R01ゑんま堂奉納ー獅子舞-01
R01ゑんま堂奉納ー獅子舞-02 R01ゑんま堂奉納ー獅子舞-02
v R01ゑんま堂奉納ー獅子舞-02
R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-01 R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-01
R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-01 R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-01
R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-02 R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-02
R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-02 R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-02

獅子太鼓

獅子舞

獅子碁盤乗り

R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-03 R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-03
R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-03 R01ゑんま堂奉納ー獅子碁盤乗り-03
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー01 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー01
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー01 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー01
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー02 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー02
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー02 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー02
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー03 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー03
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー03 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー03

獅子碁盤乗り

獅子と蜘蛛

R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー04 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー04
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー04 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー04
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー05 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー05
R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー05 R01ゑんま堂奉納ー獅子と蜘蛛ー05
R01ゑんま堂奉納ー攻め太鼓ー01 R01ゑんま堂奉納ー攻め太鼓ー01
R01ゑんま堂奉納ー攻め太鼓ー01 R01ゑんま堂奉納ー攻め太鼓ー01
R01ゑんま堂奉納ー阿弥陀打ち(結願念仏) R01ゑんま堂奉納ー阿弥陀打ち(結願念仏)
R01ゑんま堂奉納ー阿弥陀打ち(結願念仏) R01ゑんま堂奉納ー阿弥陀打ち(結願念仏)

獅子と蜘蛛

攻め太鼓

阿弥陀打ち(結願念仏)

 千本六斎会の公開行事開催にあたっては、(公財)京都市文化観光資源保護財団のご助成を受け実施しております

千本ゑんま堂について

千本ゑんま堂 千本ゑんま堂
千本ゑんま堂 千本ゑんま堂

 千本ゑんま(閻魔)堂は、真言宗光明山引接寺の通称で、寛仁年間(1017〜21)に開創といわれています。
本堂には丈六の閻魔王坐像と司命・司録の像,地蔵菩薩立像が安置されており、堂内は狩野光信筆と伝える冥府を描いた壁画で飾られ、閻魔王宮を模したされています。
 境内の東北隅に建つ石造十重塔は重要文化財で、至徳3年(1386)8月22日の刻銘があります。高さ6.1メートルで,九重塔に裳階(もこし)を付けたとも,二重の宝塔の上に多層塔の残欠八重を積み上げたとも考えられている珍しい石塔です。この石塔は、紫式部の供養塔と伝えられています。
 また、鐘楼の鋳銅製梵鐘は、康暦元年(1379)7月に円阿弥陀仏の勧進、大工藤井国弘製作と刻銘があり、鎌倉様式で制作年・作者・勧進僧が明らかなところから、京都市指定有形文化財となっています。
 さらに、花の姿が普賢菩薩の乗る白象の鼻のようであるところから普賢象(ふげんぞう)桜と名づけられた珍しい桜も境内にあります。
 千本ゑんま堂(引接寺)の公式ページはこちら

一方、毎年5月1日から4日の間に境内の特設舞台で演じられる
 千本ゑんま堂大念仏狂言(京都市登録文化財)は、壬生・嵯峨釈迦堂・神泉苑とともに京都の大念仏狂言として知られています。
 ゑんま堂狂言の詳細については、
 ゑんま堂大念仏狂言保存会様のページをご覧ください。

R01/10/01 r01活動ページとしてUP

♥令和 元

 平成30

 平成29

 平成28

 平成27

 平成26

 平成25

 平成24

 平成23

 平成22

 平成21

 平成20

 平成19年

 平成18

 平成17

 平成16

 ホーム

 公開日程

 演目紹介

 行事・活動

 関連資料

 リンク

 お問合わせ

各ページのコンテンツは、千本六斎会に帰属いたします。 無断流用は、ご遠慮ください。