重要無形民俗文化財「京都の六斎念仏」千本六斎会平成18年の活動(18ー1ページ)

会員募集のページへ

 ホーム

 お知らせ

 演目紹介

 行事・活動

 関連資料

 リンク

 お問合わせ

 行事・活動トップ

 平成24年

 平成23年

 平成22年

 平成21年

 平成20年

 平成19年

 平成18年

 平成17年

 平成16年

 
ここから本文左メニューです

行事・活動ページ
平成18年の主な活動

平成18年8月11日〜14日
 勧善廻り

 

平成18年8月15日
 一般公開

 

 
平成18年8月26日
 上京区天満屋町の大日盆で公演
  (マックとクーな日々様のブログで紹介いただいてます)

 

平成18年9月18日
 上京区翔覧学区の敬老会で公演

 

平成18年11月12日
 空也堂にて六斎念仏奉納

     
     
     
     
ここから本文です  

平成18年の勧善廻り (8月11日〜14日)

 千本六斎会では、今年も 8月11日〜14日の4日間、夕刻から講中の家々を廻って六斎念仏でお精霊迎えをする「勧善廻り」を執り行いました。

     
h18勧善廻り-1 h18勧善廻り-1
h18勧善廻り-1 h18勧善廻り-1
 

8月11日(金)
  今年もニューフェース登場

 
  4月 小学生になるのを期して入会、熱心に練習を重ね 勧善廻りがデビューとなりました。

     

8月11日(金) 夕刻
千本ゑんま堂にて 「四つ太鼓」

 
  ゑんま様に六斎念仏を奉納し 今年も勧善廻りが始まりました。

 
h18勧善廻り-2 h18勧善廻り-2
h18勧善廻り-2 h18勧善廻り-2
     
h18勧善廻り-3 h18勧善廻り-3
h18勧善廻り-3 h18勧善廻り-3
 

勧善廻り
  「四つ太鼓」

 
  新人が見ている前で、先輩らしく立派に打つことができました。

     

勧善廻り
講中門前で「四つ太鼓」

 
  子どもたちに負けじと 若衆も張り切って披露しました。
  (実は、映画撮影が同時進行だったので 力が入りました?)

 
h18勧善廻り-4 h18勧善廻り-4
h18勧善廻り-4 h18勧善廻り-4
     
h19勧善廻り-5 h19勧善廻り-5
h19勧善廻り-5 h19勧善廻り-5
 

勧善廻り
講中門前で「豆太鼓」

 
  門前で 「打出し念仏唱和」「豆太鼓の曲」「四つ太鼓」「阿弥陀念仏唱和」を打って 精霊迎えの勧善をします。
  「祇園囃子」の流し部分を打つこともあります。
  新人は、先輩の打ち方を見ながら出番を待ちます。

     

勧善廻り
講中門前で「四つ太鼓」

 
  さあ 出番です。
  しっかり打つことができ、見守るみんなから喝采を受けました。

 
h18勧善廻り-6 h18勧善廻り-6
h18勧善廻り-6 h18勧善廻り-6
     
h18勧善廻り-7 h18勧善廻り-7
h18勧善廻り-7 h18勧善廻り-7
 

勧善廻り
笛方と鉦(2丁吊り)方

 
  太鼓方に比して裏方的になりますが、芸能六斎では重要な役割です。

     

勧善廻り
講中町内 お地蔵様の前で
 「発願念仏」
 
  お地蔵様の前では 「発願念仏」を唱えて六斎念仏を奉納します。

 
h18勧善廻り-6 h18勧善廻り-6
h18勧善廻り-6 h18勧善廻り-6
         
     
 
h18勧善廻り-LW1 h18勧善廻り-LW1 h18勧善廻り-LW1 h18勧善廻り-LW1 h18勧善廻り-LW1
h18勧善廻り-LW1 h18勧善廻り-LW1 h18勧善廻り-LW1 h18勧善廻り-LW1 h18勧善廻り-LW1

 
講中門前で「豆太鼓」

 
     

ページTOPへ

   

勧善廻りについて

 千本六斎会では、毎年お盆の行事として 講中(支援者)の家々を巡り 門前でお念仏と数曲の太鼓打ちをする「勧善廻り」を続けております。
  保存会によっては「棚経」と称されてます。
  千本六斎会の「勧善廻り」は、 
平成23年以降 8月11日から15日の夕刻(19-21時半)に執り行っております。

勧善廻りスナップ
「頼もしい後継者」

h18勧善廻りスナップ-1 h18勧善廻りスナップ-1
h18勧善廻りスナップ-1 h18勧善廻りスナップ-1
 

h25/10/19 行事・活動H24ページのリンク新設

 行事・活動トップ

 平成24年

 平成23年

 平成22年

 平成21年

 平成20年

 平成19年

 ♥平成18年

 平成17年

 平成16年

 ホーム

 お知らせ

 演目紹介

 行事・活動

 関連資料

 リンク

 お問合わせ

本サイトの各コンテンツは、千本六斎会に帰属いたします。 無断流用は、ご遠慮ください。