重要無形民俗文化財「京都の六斎念仏」千本六斎会のサイト

会員募集ポップアップ

 ♦ホーム 

 公開日程 

 演目紹介 

 行事・活動 

 関連資料 

 リンク 

 お問い合わせ 

 会員募集 


千本ロゴ付き巴ジフ
西陣千本六斎会ロゴジフ
anime獅子と蜘蛛(会員募集ページへリンク)
ここから本文左メニューです

 本サイトは千本六斎会の活動を紹介しています。
  千本六斎会は京都西陣の西北部に伝わる郷土芸能「京都の六斎念仏」を継承しており国から「重要無形民俗文化財」の指定を受けている京都六斎念仏保存団体の一つです。


  報告

 千本六斎会の公開行事開催にあたっては、
(公財)京都市文化観光資源保護財団のご助成を受け実施しております


サイトページメニュー

ホーム

千本六斎会の
  一般公開日程

千本六斎の演目

行事・活動

千本六斎会関連資料

お問い合わせ

会員募集

リンク

お薦めリンク先情報

  京都観光NAVI 様
 京都市産業観光局の京都観光オフィシャルサイト

 千本ゑんま堂大念仏狂言保存会
 公式ページです
 faceBookは<コチラ>/p>

 京都六斎念仏保存団体連合会 公式サイト

 壬生六斎念仏講中
 公式サイトです
 YOUTUBEはコチラです

 京都 中堂寺六斎会
 公式サイト

 嵯峨野六斎念仏保存会
  公式サイト

 小山郷六斎保存会
 新設の公式ホームページ
 facebookはコチラです

 上鳥羽六斎念仏
 公式サイト

 千本ゑんま堂について

千本ゑんま堂石碑 千本ゑんま堂石碑
千本ゑんま堂石碑 千本ゑんま堂石碑
 ここが左サイド端です 左仕切り柱です この次から本文エリアです

 千本六斎会では 西陣千本地区に伝わる六斎念仏の演技・行事を継承するため
 感染症対策をしながら 令和3年のお盆各行事を執り行い 無事終了いたしました。
 ご支援 ありがとうございました。 行事の写真を下に掲載しました。

 令和3年 勧善廻り(棚経奉納)

 8月11〜13日 夕刻より 感染症対策をしながら 勧善廻りをしました
 西陣千本界隈の千本六斎会講中宅を回り 各戸門前で棚経と太鼓曲を奉納しました

    令和3年8月 「勧善廻り(お精霊迎え棚経)」の様子

R03勧善廻り11−01 R03勧善廻り11−01
R03勧善廻り11−01 R03勧善廻り11−01
R03勧善廻り11−02 R03勧善廻り11−02
R03勧善廻り11−02 R03勧善廻り11−02
R03勧善廻り11−03 R03勧善廻り11−0
R03勧善廻り11−0 R03勧善廻り11−0
R03勧善廻り11−04 R03勧善廻り11−04
R03勧善廻り11−04 R03勧善廻り11−04
R03勧善廻り11−05 R03勧善廻り11−05
R03勧善廻り11−05 R03勧善廻り11−05
R03勧善廻り11−06 R03勧善廻り11−06""
R03勧善廻り11−06 R03勧善廻り11−06
R03勧善廻り11−07 R03勧善廻り11−07
R03勧善廻り11−07 R03勧善廻り11−07
R03勧善廻り11−08 R03勧善廻り11−08
R03勧善廻り11−08 R03勧善廻り11−08
R03勧善廻り11−09 R03勧善廻り11−09
R03勧善廻り11−0- R03勧善廻り11−0-
R03勧善廻り11−10 R03勧善廻り11−10
R03勧善廻り11−10 10
R03勧善廻り11−11 R03勧善廻り11−11
R03勧善廻り11−11 R03勧善廻り11−11
R03勧善廻り11−12 R03勧善廻り11−12
R03勧善廻り11−12 R03勧善廻り11−12

 令和3年 千本ゑんま堂盂蘭盆会 六斎念仏奉納

 8月14日(土)午後7時 〜8時半 千本ゑんま堂境内特設舞台で 観覧人数を制限し
 感染症対策をしながら 千本六斎念仏(芸能六斎)を公開奉納しました
 奉納の様子はYouTube<千本六斎会のチャンネル>で配信しておりますす
 なお 配信の前部分10分ほどに勧善廻りの様子を収録しております

 14日のは雨天でしたが お蔭様で 予定通りの演目を奉納することができました
 雨の中 観覧にお越しいただき 応援くださいました皆様に 厚く御礼申し上げます
 盂蘭盆奉納の写真は 追って掲載いたします

 千本六斎会の公開行事開催にあたっては、
 京都市文化観光資源保護財団のご助成を受け実施しております

ページTOPへ戻る  ページTOPへ戻る

会員募集案内-s2-20 会員募集案内-s2-20
会員募集案内-s2-20 会員募集案内-s2-20

 千本六斎会 会員急募中
シニアや女性の方 大歓迎
通常練習 月2回  第2・4土曜日の夜
 新型コロナ感染防止対策を徹底しながら
 夏季公演準備の練習会を開始いたします
 練習時間と応募要項はコチラ
 なお 新入時の練習等は相談します

1702四ツ太鼓練習-621 1702四ツ太鼓練習-621

練習風景ー1

1703豆太鼓練習-31 1703豆太鼓練習-31

練習風景ー2

 千本六斎会は 現在 成人会員数が不足し 全演目公演に苦労しています
 西陣に伝わる千本六斎を継承するためゼヒご入会ください ご応募お待ちしております

 巴紋千本六斎会 YouTube行事活動ページに 過去の奉納や公演の模様を掲載してます
 昨年の勧善廻りと千本ゑんま堂奉納 一昨年の千本ゑんま堂奉納一昨年の空也堂開山忌奉納など

ここで本文終了です ここから右サイドです

千本六斎会
会員への連絡

 夏季公演用練習会
 を開始します
 感染症対策の徹底
 と出欠表の記入を
 してください

公演のご依頼に関する
お願い

 千本六斎会では 各種催し等の公演依頼をお受けしております
 1.依頼公演可能日は、原則、土曜日か 日曜日です
 2.都合により公演できない日時・演目も あります。
 ただし 現在は 連絡をいただいた後 日程を含め ご相談させていただきます

連絡はこちら

「京都の六斎念仏」
について

  「京都の六斎念仏」の起源は定かではありませんが、平安時代、空也上人が始めたとされる踊躍念仏が起こりと伝えられており、民衆に仏教を広めるため六斎日(毎月 8、14、15、23、29、30の六日)に市中各所で鉦や太鼓を打ちながら念仏を唱え踊ったことから六斎念仏と称されるようになったといわれています。
  その後、六斎念仏は変遷し、念仏踊を主とする念仏六斎系と、風流化し能や歌舞伎の演技などを取入れ娯楽性が進んだ芸能六斎系の二系統に分れて今日まで伝承されてきました。
  ただし、六斎念仏の芸能化が進み風流踊りや獅子舞・蜘蛛などの演目が入り出したのは 江戸時代からとのことです。
  千本六斎会は芸能系六斎に属します。
  「京都の六斎念仏」は 昭和58年に国から重要無形民俗文化財の指定を受け、現在、京都市内には二つの系統をあわせて十数グループの六斎念仏保存団体がそれぞれ特徴のある六斎念仏を継承しております。

 ここが右サイド端です

ページTOPへ戻る  ページTOPへ戻る   

ページ更新情報記載欄 R03/08/28 令和3年 勧善廻りの写真掲載(令和2年の画像掲載を終了) ページ更新情報記載欄

 ♦ホーム 

 公開日程 

 演目紹介 

 行事・活動 

 関連資料 

 リンク 

 お問い合わせ 

 会員募集 

本紹介サイトの各ページコンテンツは、千本六斎会に帰属いたします。 無断での 複写・流用等は、ご遠慮ください。